『いじめ保険』が話題に…子供を守るために知りたい

子育て

こんにちは!watanabayです。

長年社会問題としてあげられる「いじめ」。
最近ではSNSでのいじめやいじめ動画をネットにあげるなど、親世代が考え付かないようなことも起こっています。

私も子供がいじめ被害者になったら…と思うと変な汗が出てきます。(まだ幼児なのに;;)
考えたくありませんが、いじめ加害者になる可能性だってあります。

そこで先日販売が開始された「いじめ保険」とはどういうものなのか、調べてみました。

スポンサーリンク

いじめ保険とは?

いじめ保険とは2019年9月現在エール少額短期保険から販売されている、
『弁護士保険コモン』
月額2200円から加入できます。
※『弁護士保険コモンLite』は月額1080円から

このいじめ保険、「いじめを受けたら保険金がおりる」というものではありません。
加入しておくと

  • 弁腰直通のダイヤルで相談をすることができる
  • いじめ認定に有効な証拠などについてアドバイスを受けられる

初期の相談に関しては無料です。
学校や加害者側の保護者とのトラブルなどに発展した場合は弁護士に間に入ってもらいサポートしてもらえる上、弁護士費用(着手金や報酬金など)の最大七割を保険金として受け取ることができます。

いじめ以外のトラブルにも対応

この『弁護士保険コモン』。
子供のいじめ以外にもあらゆるトラブルを補償してくれます。
雇用・労働問題、セクハラ、相続争い、離婚問題、ネット炎上トラブル、欠陥住宅など多岐に渡って対応してもらえるようです。

加入方法

現在は公式HPから加入することができます。

エール少額短期保険『弁護士保険コモン』→https://yell-lpi.co.jp/komon/

補償限度額が低いですが月額金額がお得な『弁護士保険コモンLite』→https://yell-lpi.co.jp/individual-h/

スポンサーリンク

まとめ

従来の保険だと対象外となることの多かった「子供同士のいじめ」。
被害者だけでなく、加害者にもなるかもしれない。
親同士や学校を通して解決しようと思っても、どう行動していいものか悩みますよね。
そんな時気軽に弁護士に相談出来たら、とても心強い!
大人のトラブルにも対応してもらえるので家族全員のお守り代わりに備えておいてもいいかもしれないですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました