【常時同時配信】NHKプラス開始はいつから?視聴方法や対象世帯を調査!

記事タイトル【常時同時配信】NHKプラスとはいつから?受信料や対象世帯を調査 時事

こんにちは!watanabayです。

本日NHKから新サービスの発表がありました。

  • 地上放送のテレビ番組をインターネットに同時に配信する「常時同時配信」
  • それらの番組を放送後1週間、いつでも見ることができる「見逃し番組配信」

この2つのサービスが2020年春から開始されます。

この新しいサービスの名称は「NHKプラス」

受信料や開始時期など色々と気になりますね!

そこで今回は

  • NHKプラスはいつから始まるのか
  • 受信料はどうなる?
  • 対象世帯は?

などなど調べてみました。

最後までお読みいただければ幸いです。

スポンサーリンク

【常時同時配信】NHKプラスとは?いつから開始される?

NHKが2020年春から開始する新サービス「NHKプラス」。

サービス内容としては、インターネットで地上波NHKの【常時同時配信】と【見逃し配信】が出来るようなるというもの。

総合テレビとEテレの番組をスマートフォンなどで見ることができます。

本格始動は4月1日からですが、3月から試験的にサービスが始まるとのことです。

【常時同時配信】サービスの内容をまとめたものがはこちら↓

配 信 時 間 対象チャンネル 備考
3月1日~ 午前7時~午前0時 計17時間 NHK総合

Eテレ

試行期間
4月1日~ 午前6時~午前0時 計18時間

 

NHKは4月から24時間配信を想定していたようですが、総務省から事業費縮小を求められて18時間に短縮されたんですって!

利用状況や費用などを踏まえて、24時間配信を目指すらしいです。

 

【見逃し配信】サービスについては、原則放送後7日間いつでも利用できるようになります!

 

これ、NHKオンデマンドはどうなるのか気になりますね~

BSの見逃し番組だけになるのでしょうか?

それなら配信期限を長くしてほしいなぁ。

どちらにしてもNHKオンデマンドも変更があるのでは、と注目しています。

→資料を見たら書いてありました!

 

スポンサーリンク

NHKプラスの視聴方法は?

NHKの地上波2チャンネルがインターネットで常時同時配信および見逃し配信される「NHKプラス」ですが、利用するには手続きが必要です。

NHKプラス開始で受信料はどうなる?

結果からいうと、受信料は据え置き!

今までと変わりません。

 

「NHKプラス」のサービス自体に料金がかかることはなく、スマホで「NHKプラス」を利用したからといって、ユーザーに利用料を請求することはない、とのことです↓

あくまでもテレビの受信契約があることを前提にサービスの提供を行うというスタンスであるようです。

初期の画面上には受信契約の有無などを確認するメッセージが表示されます。

メッセージの表示をなくすには、テレビの受信契約と同時配信サービスの利用登録作業が必要になるみたいですね。。。払っていても面倒でやらない人多そうですね(^^;

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は2020年春から始まるNHKの新サービス「NHKプラス」についてまとめてみました。

サービス内容は【常時同時配信】と【見逃し配信】の2本柱。

4月1日からの本格始動を前に、3月1日から試験的にサービス開始となります。

【常時同時配信】は

  • 3月1日からは、午前7時~午前0時の計17時間
  • 4月1日からは、午前6時~午前0時の計18時間

↑の時間帯でNHK総合とEテレが常時視聴可能。

【見逃し配信】は番組放送後7日間いつでも利用可能です。

 

受信料は今までと同じ据え置き

「NHKプラス」を視聴したからと言って、利用料がかかることはありません。

あくまでもテレビの受信契約を前提にしているというスタンスのようです。

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました